建設現場の陰の立役者

土工(どこう)は主に掘削工事・コンクリート打設工事を担当します。

掘削工事では重機オペレーターと協力しながら、掘削の深さを確認し土留の設置等を行いながら作業を進めます。掘削後、鉄筋・型枠の設置が完了すると、基礎部のコンクリートの打設を行います。その後、基礎部の埋戻しまでが地盤面以下での作業となります。
地上部分では柱・壁・床などのコンクリートの打設と共に、現場内での雑作業・養生・清掃等を行います。依頼される作業内容も多岐にわたる事から、多能工的な能力が求められる仕事です。

土工は一番最初に現場に乗り込む職種であるので土工が現場を段取り良く綺麗に納めていれば、後に続く他職方もこれに続いてくれます。基礎部分は建物が建ってしまうと普段目に触れることはありません。床や壁のコンクリートも打放し仕上げでもない限りボードやクロスの下に隠れてしまいます。しかし、これらが建物の根幹を成す最も重要な部分であることは言うまでもありません。
土工はまさに現場の陰の立役者なのです。